株式会社 大崎電業社 English
製品案内
 
クラッチ/ブレーキ

電磁クラッチ HMC形

I 特長 I 主要特性 I 構造図 I 外形図 I
特長

電磁クラッチ HMC形 このクラッチは、コイルに電流を通じたとき、クラッチトルクが発生する励磁作動形です。
コイルに電流を通じるとフィールドが励磁され、ロータを磁化し、アーマチュアを吸引して、フェーシングとアーマチュアは圧着し、この部分の摩擦力により回転体を連結させるものです。
電流を断てば磁気は消滅し、レリーズスプリングによってアーマチュアは急速に元に復帰し、連結は解かれます。
電流を変えることにより、クラッチトルクを自由に制御することができます。

主要特性
形番 HMC
特性 20 30 40 50 60 80 W100 W120 W150
定格トルク Nm
(kgfm)
3
(0.3)
7
(0.7)
20
(2.0)
40
(4.0)
60
(6.0)
150
(15.0)
280
(28.0)
550
(55.0)
800
(80.0)
電圧(DC) V 90 90 90 90 90 90 90 90 90
消費電力(at20℃) W 7.6 9.3 10.2 16.8 19.0 35.5 37.2 32.8 40.7
コイル抵抗(at20℃) Ω 1063 873.8 793.9 481.4 426.3 228.5 217.2 246.2 199.0
コイル電流(at20℃) A 0.085 0.103 0.113 0.187 0.210 0.394 0.415 0.365 0.450
アーマチュア吸引時間 ms 15 30 50 30 40 60 50 80 80
アーマチュア解放時間 ms 60 100 200 160 180 200 140 290 380
慣性モーメントJ
×10-3kgm2
(GD2:×10-3kgfm2)
ロータ側 0.058
(0.23)
0.303
(1.21)
1.74
(6.95)
3.25
(12.98)
6.95
(27.8)
22.8
(91.0)
44.3
(177.2)
116.7
(466.8)
257.3
(1029.2)
アーマチュア側 0.043
(0.17)
0.235
(0.94)
1.275
(5.1)
2.4
(9.6)
7.65
(30.6)
13.8
(55.2)
30.1
(120.4)
78.2
(312.8)
201.6
(806.4)
許容仕事率 W (at1500min-1)
50%ED
38 52 70 139 327 471 716 1074 1977
許容仕事量 J/min (2280) (3120) (4200) (8340) (19620) (28260) (42960) (64440) (118620)
許容総仕事量 ×106J
(×106kgfm)
45
(4.5)
240
(24)
470
(47)
610
(61)
1150
(115)
1610
(161)
1990
(199)
3660
(366)
4820
(482)
最高安全回転速度 min-1
(rpm)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
1800
(1800)
質量(重量) kg 0.51 1.2 3.37 3.83 6.65 11.58 15.2 29.0 49.8
電源装置 HD-100M HD-110M3
周囲温度 −15℃〜40℃(ただし結露のないこと)
注)
1.絶縁階級E種
2.初期トルクは定格の50〜60%
3.応答時間はHD-110M3又はHD-100M形電源装置を使用した場合です。
4.最高安全回転速度を超えて使用される場合は、お問い合わせください。
5.機械的寿命は100万回です。
6.アーマチュア吸引時間は初期ギャップ時における値です。

この他にもシンフォニアテクノロジーで豊富にシリーズ化しております。
その他の仕様はシンフォニアテクノロジーへお問い合わせください。

シンフォニアテクノロジー

http://www.sinfo-t.jp/clutch/

ページトップ
構造図
外形図
ページトップ
外形図

下記リンクよりPDFをダウンロードしてください。

ページトップ
copyright (c) OSAKI ELECTRIC CLUTCH AND BRAKE Co.,Ltd. JAPAN. All Rights Reserved.