製品案内

無励磁作動形ブレーキ&電源装置

無励磁作動形電磁ブレーキ ESB-Tトルク調整形シリーズ

特長

特長

広範囲なトルク調整が可能

トルク調整形シリーズは、トルク可変ネジを回すことにより、無段階かつ広範囲に制動トルクの設定が可能です。主要特性はESB標準シリーズと同じですが、トルクを変更する事により特性は変わります。

構造図

構造図

ESB-T形は左記構造のようにトルク可変ネジを回すことにより、制動バネのストロークを可変させトルクを約30~100%の間でトルク調整が可能な電磁ブレーキです。

トルク設定範囲

トルクの設定可能範囲は下記の通りです。詳細はお問い合わせください。

形式 ESB-80T ESB-100T ESB-115T ESB-135T ESB-165T ESB-190T ESB-220T ESB-250T
最大 3Nm 7.5Nm 17.5Nm 35Nm 75Nm 150Nm 300Nm 600Nm
最小 1Nm 2.5Nm 6Nm 12Nm 25Nm 50Nm 120Nm 333Nm

※ESB-80T~ESB-165Tは構造上、最小設定トルク以下の設定が可能ですが、大変危険ですので、最小設定トルク以上でご使用ください。

設定トルクと調整代の関係

トルクの設定値は、右図のトルク調整ネジを回すことにより制動バネの押し付け力を調整し、トルクの設定値を変更することができます。各形式の設定トルクと調整代の関係はお問い合わせください。

設定トルクと調整代の関係

外形図・寸法表(単位:mm)

ESB-80T

外形図・寸法表

ESB-100T / 115T / 135T / 165T / 190T / 220T / 250T

外形図・寸法表

お問い合わせ